食物繊維不足は生活習慣病になりやすい

食物繊維摂取量は、中高年よりも若い人の方の食物繊維不足が進んでいるようだ。
http://hair-grows.com/vitamin/seni.html

食物繊維不足の大きな要因は、動物性食品の摂取量が増えていて、植物性食品の摂取量が減っているからである。
http://hair-grows.com/vitamin/seni.html

食物繊維は動物性食品には含まれていない。
わかりやすく言うと昭和30年代の食卓は和食中心だったが、現代の若者は洋食中心の食生活になっているからである。
そういえば、うちのダンナは20代だから和食よりハンバーグやマクドナルドなどファーストフードような洋食を好み、焼肉食べ放題といった外食が大好きである。
日本人の食物繊維不足の原因は野菜などからの供給量は変化が見られないのに、穀類や豆類、いも類の繊維摂取量が減ったことである。
現在は、穀類の精製が進み、白米を食べるようになったことも食物繊維不足の原因となっている。
食物繊維が不足する食事で噛む回数が減少することから唾液分泌が減ると、満腹感が得られず過食となり、肥満の原因にもなっている。
食物繊維が不足すると、腸内環境の悪化すると腸の筋力が弱くなり、便を押し出す蠕動運動が低下することで便秘になり、
体内に有害物質が貯まりやすくなると、大腸がんや糖尿病、生活習慣病も多くなるので注意が必要である。クマの情報サイトはこちら